新型コロナウイルスワクチンの接種のお知らせ磯子のくらし安心・安全緊急課題

横浜市では、新型コロナウイルスワクチン接種に向け、市民の方々が市内各所でワクチンの接種を受けられるよう準備をすすめています。このたび、4 月から予定している接種開始に向けて、対象者別の接種時期や個別通知、接種手法等について、お知らせします。

1 対象となる方及び接種予定時期

  1. 接種対象者 原則として、横浜市内に居住する方
  2. 個別通知  接種にあたり横浜市から市民の皆様に個別通知を発送します。
    個別通知は、発送後のコールセンターへの問い合わせや予約集中を避けるため、次の表のとおり対象者ごとに発送時期をずらして通知を送付します。

※ 個別通知には、接種の際に必要となる接種券(クーポン券)や、横浜市からの接種のご案内を同封する予定です。

接種券発送時期( 予定)

拡 大

2 接種手法について

接種方法は、①市が設置する特設会場で行う「集団接種」、②身近な病院・診療所等で行う「個別接種」、③高齢者施設で行う「施設接種」の3つの手法で実施予定です。

  1. 集団接種 磯子スポーツセンター
  2. 個別接種 市内の病院・診療所等( 調整中)
  3. 施設接種 高齢者施設( 施設利用者を対象)

3 予約方法

ワクチン接種のための予約システムを開設します。(スマホやPC、電話による)

4 ワクチン接種専用コールセンター

  1. )設置時期:令和3年3月1日(予定)
    ※ 電話番号・受付時間については、決まり次第、広報よこはまや市ウェブサイト、LINE、Twitterなどでお知らせします。 
  2. 業務内容:接種予約の受付業務、ワクチン接種に関するお問い合わせ

5 その他 集団接種会場接種の流れ

(例) ①受付⇒②説明・確認⇒③予診票確認⇒④接種⇒⑤観察⇒⑥終了

あなたの街に『管理不全の空家』はありませんか?

横浜市『空家』管理条例の制定

横浜市会では、2月19日の市会第1回定例会本会議において、『横浜市空家等に係る適切な管理、措置等に関する条例』制定が満場一致で可決されました。(施行日は令和3年8月1日)
目 的
「空家化の予防」、「空家の流通・活用促進」、「管理不全な空家の防止・解消」、「空家の跡地活用」を柱に総合的な空家対策を推進するものです。
地域の苦情・不安
適切に管理されていない空家は、建物の老朽化をはじめ、樹木繁茂や衛生害虫、火災、防犯、ごみなどの課題により周辺住民の方々に生活環境に悪影響を及ぼしてきました。

≪ 条例のポイント ≫

  1. 空家所有者:適切な管理の義務化を明文化(ただし、罰則規定はない)
  2. 空家の敷地の所有者:空家所有者に対する適切管理指導の努力規定
  3. 横浜市:空家所有者の適切管理を促進する措置の義務化の明文化
  4. 危険の周知:特定空家に起因する危険を周知するための標識の設置(横浜市)
  5. 応急危険回避措置:危険を避けるための強制代執行(経費は所有者へ請求)

「特定空家」の認定を!

空家の流通・活用促進や管理不全の空家の防止・解消が困難である最 大要因は、「所有者が特定できないこと」です。所有者が特定できれば、市から改善勧告も可能ですが、所有者が高齢者施設に入所され所在不明だったり、亡くなられて相続者が不明なケースなどは、改善勧告ができず、空家が放置されるケースがあります。本条例を有効に適用するためには、建物の老朽化・樹木繁茂など周辺の生活環境を侵害する恐れのある空家を、「特定空家」に認定することが重要と考えます。

元町・中華街まで、横浜シーサイドラインを延伸する会(仮称)

平成23年に横浜シーサイドラインの磯子、根岸への延伸をめざし、『根岸、磯子に新交通を実現する会』を設立しました。今後は、『元町・中華街まで、横浜シーサイドラインを延伸する会(仮称)』と名称を改め、運動を強化していきたいと思います。本会の趣旨に賛同される皆様は、ご加入いただきますようお願い申し上げます。

横浜市会議員 山本たかし

リモート市政報告会

毎月実施

Zoomを使った市政報告会です。
アフターコロナ社会の市政課題について皆様のご意見をお寄せください。
[リモート市政報告会]

LINE友達登録で参加申し込みしてください。
リモート市政報告会
友だち追加

「バス交通」を考える へ

政務調査ニュースTOPIX