地域包括ケアシステム

誰もが要介護状態となっても住み慣れた街や地域で、自分らしく暮らすことができるよう、「地域包括ケアシステム」を2025年に向けて構築します。
そのために医療や介護、予防、住まい、生活支援が一体となって提供できる体制を整備しなければなりません。
地域在宅医療連携拠点である地域包括支援センター、地域ケアプラザの整備が急がれます。
今後は、認知症高齢者の増加が見込まれており、より一層の地域包括ケアの充実が求められます。