子どもの居場所づくり

幼児教育、保育の無償化などを通じた子育て環境改善とともに、
学齢期を迎えた子どもたちの居場所をつくっていくことが女性の社会進出ならびに少子化解消への重要な施策といわれています。
現在、放課後児童健全育成施策として、放課後キッズクラブと放課後児童クラブ(いわゆる学童クラブ)がありますが、委託方式と運営方式の違いによる予算の使い方に差がでてきており、特に放課後児童クラブに対して運営補助金の増額や耐震化支援など、環境改善に取り組む必要があります。