横浜の教育環境

横浜市内の公立に小中学校は平成27年度に耐震化工事を完了しましたが、長寿命化や建替はこれから始まります。
今から50年前に建てられた校舎は老朽化が著しく、早急に対策を講じなければならないとともに、地域の公共インフラとしての合築化や複合化をすすめる必要があります。
私学に通う子どもたちへの教育支援や、いじめの問題、教職員の長時間勤務の問題、将来のプログラミング教育、英会話教育の課題など、教育現場での課題は山積しています。