外国人材の活用

昨年暮れの臨時国会において、出入国管理法案(いわゆる入管法)が改正されましたが、これからの人口減少社会における深刻な労働力不足を解消するために、働き方改革と合わせ、外国人材の確保は避けられない状況です。
低下し続ける生産年齢人口に歯止めをかけ、労働力を確保する緊急避難的な対策が急務であり、外国人労働人材を確保することが不可欠です。